沖縄ばかりに魅了されたツーリストがたくさんあるミドル

一目惚れ
高校の頃、免許取り立ててで浮かれていた俺は、夏休みに紳士近く2人で地元の海に行った。
沖縄ばかりに魅了されたツーリストがたくさんいらっしゃる中間、一層きらめく主人といった出逢った。
語り掛ける胆力なども無く、ただボッーという主人を眺めているとあっちの方から話しかけてきた。
『すみません、海にゴーグルを落としてしまったのですが、潜って取れませんか?』
大神、浮かないゴーグルを有難う!などと心中でおもうが早し、近くが『お任せあれ!』などと応ずるといった、すかさず海底へって潜って行った。
身は、『しまった!隅っこを越された!』などと思っていたのですが、逆にツーショットになれたので、品がゴーグルを取ってくる日にち、主人とのお話を楽しんだ。
主人もまたツーリストで大学の近くって3輩で来たと言っていた。沖縄県民にはいない美容白に美容脚(沖縄妻に怒られる)。主人はこういう砂浜も注目を集めていた。
『この辺で晩食事するならどっかいち押しありますか?』のヒヤリングに、さっさと身は『たくさんあるけど案内する?』など図々しさ盛り沢山で主人を誘った。
砂浜を後に男女5輩で居酒屋へ赴き、夜は浜で花火をした。好きになるのに時間はかからなかったが、明日主人は出身へといった帰って行った。http://xn--t8j4aa5fseqj2aa7msc9a1bx.pw/